お問い合わせ
menu
お問い合わせ

会話が生まれるオフィスを作る

Bamiel

(バミエル)

Bamiel は、ヒートマップでコミュニケーションの場を見える化し、
オフィスを効率的に活性化するDXソリューションです。

のべ

47,000

人を分析した技術を応用!

コミュニケーション
スペースの利用者増加

社内コミュニケーション活性化

イベントの効果検証を
定量化

静かな場所の
発見

なぜオフィス
会話が必要なのか?

イノベーションや新規事業のアイデアを生み出すには、多様な人材の活発なコミュニケーションが重要です[1]。さらに、経済産業省が推進している健康経営オフィスの7つの要素の一つに「コミュニケーションする」が挙げられるなど[2]、働きやすい健康的なオフィスの運営にも会話はとても重要です。

[1] 経済産業省, “価値創造のためのダイバーシティ経営に向けて”, 2015.
[2] 経済産業省, “健康経営オフィスレポート”, 2015.

こうした会話を生むために作られたコミュニケーションスペースの運営には、データの計測が欠かせません。 Bamiel は、場の会話を自動的にリアルタイムで計測・見える化します。データに基づいた判断が行えるので、効果的なオフィス運営が可能になります。

会話が生まれるオフィス運営を
音環境分析技術で効率化

あなたのオフィスの
コミュニケーションスペース
こんなお悩みありませんか?

下向きの矢印
雲のアイコン

お悩み1

コミュニケーションスペースの利用者を増やしたい

Bamiel を使えば、利用者が「今」行きたくなる理由が生まれます!

これまでは、お菓子を置いたり、レイアウトを変えたりする方法が行われてきました。Bamiel を使うと、会話の量がリアルタイムで見える化されるので、

・今は盛り上がっているから行こう
・今なら静かだから休憩しに行こう

というように、利用者が自分のニーズに合わせて行くタイミングを決められます。

雲のアイコン

お悩み2

社内のコミュニケーションを活性化させたい

Bamiel を使えば、タイムリーな表示で利用者同士の会話を促せます!

これまでは、雑誌や新聞を置いたり、ディスプレイに情報を表示する方法が行われてきました。Bamiel を使うと、時間やその場の会話の量に合わせて表示内容を変更できるサイネージ機能で、効果的な活性化のアイデアを実現できます。

雲のアイコン

お悩み3

コミュニケーションスペースで行ったイベントの効果を検証したい

Bamiel を使えば、イベント中やその前後の会話の量を比較したレポートを自動で作成できます!

これまでは、イベントの効果検証は、アンケートやインタビューなど、手間がかかる方法に頼るしかありませんでした。Bamiel を使うと、イベント中やその前後の会話の量を常に測定しているので、定量的な効果の検証が自動で行えます。

雲のアイコン

お悩み4

静かに働きたい人にも利用してもらいたい

Bamiel を使えば、静かな場所を確保することで、個人の働き方に合わせたオフィスの使い方ができます!

これまでは、静かに働きたい人は、にぎやかなスペースでは耳栓をしたり、利用を諦めるしかありませんでした。Bamiel を使うと、その時に静かな場所ががひと目で分かります。また、会話があれば自動的に注意を促す「集中エリア」も作れます。

あなたのお悩みを Bamiel が解決します!

まずは、お気軽にご相談ください。

Bamiel とは


Bamiel は、会話が生まれるオフィス運営を音環境分析技術で効率化するDXソリューションです。
オフィスを活性化するための施策の実施から効果検証までを一貫して行えます。
コロナ禍をきっかけに、偶発的コミュニケーションを増やす場として、オフィスの重要性が高まっています。しかし、対面コミュニケーションの計測が難しいために効果的に会話を促進するオフィスの運営は困難でした。

コミュニケーションスペースの計測には、画像や人感センサーによる方法があります。しかし、これらの方法は混雑度合いは分かるものの、会話が行われているかどうかは分かりませんでした。そこでBamiel は、社内スペースの会話の量を自動的に計測することで、データに基づく効果的なコミュニケーションスペースの設計を支援します。

トライアルも随時受け付けています。

先着5社様限定でお試しいただけます!

Bamiel が選ばれる4つのポイント


会話の量のリアルタイム見える化で、「今」行く理由が生まれる!

会話の量がひと目で分かるヒートマップで見える化するので、話したい人はにぎやかな場所を、落ち着きたい人は静かな場所を利用できます。そのため、利用者の満足度が上がります。
なお、音声データはアップロードしないので、会話内容は記録されません。そのため、従業員のプライバシーを守った上で会話を見える化できます。

エリア別・時間別レポート自動作成機能で、報告書が簡単に作れる!

エリアごとや時間ごとの会話の量を自動的にグラフで見える化するので、施策の効果検証や比較が簡単にできます。
そのため、会話が生まれるオフィスのデータに基づく運営が効率的に行なえます。

時間や会話の量に合わせたタイムリーなサイネージの表示切り替えで会話を促進!

サイネージ画面に表示する内容は、時間や会話の量に合わせて切り替えることができます。
社内報やランチ情報などを提供することで、利用者同士の偶発的なコミュニケーションを促します。そして、部署間を超えた利用者同士の交流が深まり、働きやすくアイデアの生まれる職場が作れます。

工事不要!マイクを置くだけで使える!

見える化したい場所にマイクを置くだけで、特別な工事はいりません。ブラウザとインターネット回線があればすぐに使い始められます。
シンプルで使いやすいデザインで簡単に使えます。

お問い合わせフォームは1分で入力完了!

こんなところで使えます


手のひらサイズのマイクを置けるスペースがあればどこにでも設置できます!
利用者同士が気軽にコミュニケーションをとれるスペースの設計にぜひご活用くださいませ。

オフィスカフェ

ミーティングスペース

リフレッシュスペース

オープンスペース

フリースペース

マグネットスペース

休憩スペース

集中エリア

通話スペース

Web会議スペース

オンラインでの打ち合わせで詳細をご説明します!

導入までの流れ



問い合わせフォームから申し込み

オンラインまたは対面で、デモや詳しい説明を行います。


利用までの準備

利用プランや規模をご検討いただき、営業担当者と利用計画を立案します。


利用開始

機材のセットアップや、使い方のレクチャー、継続サポートを行います。

パッケージ基本内容


マイク(レンタル)

アカウント

デジタルサイネージのレイアウトカスタマイズ機能

場の分析機能

(※) レコーダーの貸出台数・貸出期間、付属品などはご要望に合わせてカスタマイズ可能です。
(※) サイネージ用のタブレットやディスプレイは、ご自身でご用意くださいませ。ご要望があればレンタルすることも可能です。

よくあるご質問


会話は録音されますか?

音声のうち話者や内容を特定できない特徴量のみが会話量の測定のためにサーバーにアップロードされ、音声はその場で破棄されます。プライバシーの心配はありません。

ただし、事後の音声データの分析が必要な用途などで録音が必要な際は、そのような設定を当社で行うことも可能です。その場合は、適切にアカウント管理・セキュリティ対策されたサーバー内に音声を保存します。

セキュリティはどのようになっていますか?

Bamiel の通信は、SSLで暗号化し、保存された音声データは国内のサーバーで暗号化して保存しております。また、ユーザのログインはパスワードで保護されております。加えて、当社は SECURITY ACTION 二つ星を宣言し、継続的にセキュリティを改善する取り組みを行っています。

Bamiel によるコミュニケーションの場の見える化で、

コミュニケーション
スペースの利用者増加

社内コミュニケーション活性化

イベントの効果検証を
定量化

静かな場所の
発見

まずは無料で資料請求!
お気軽にお問い合わせください。
Bamiel のデモや詳しい説明などもいたします。

お問い合わせ

」は必須項目です。

ご注意

入力したメールアドレスにドメイン指定受信を設定されている場合、 弊社からのメールが正しく届かないことがございます。 以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@hylable.com

ハイラブルについて


ハイラブル株式会社は、音環境分析技術によって話し合いを定量的に見える化するサービスを提供しております。

ハイラブル株式会社代表取締役

代表取締役 水本武志

会社名 ハイラブル株式会社 (Hylable Inc.)
代表 代表取締役 水本武志
設立 2016年11月21日
事業内容 メディア信号処理やコミュニケーションに関する商品やサービスの企画・製品・運用・販売・情報提供・コンサルティング等
住所 〒170-0005 東京都豊島区南大塚二丁目26番12号 鈴音ビル2階 203号室
当社HP https://www.hylable.com
連絡先 contact@hylable.com
(C) 2022 Hylable Inc.