話し合いを見える化する

クラウドサービス

Hylable Discussion

製品案内

話し合いの振り返りをサポートする Hylable Discussion

Hylable Discussion は、マイクロホンアレイで収録した議論を定量的に分析し、見える化するクラウドサービスです。話し合い中の音声を、弊社のもつ音環境分析技術(*)と議論分析技術(*)で分析することで、今までは失われていた音の情報をとらえます。この分析によって、データに基づく客観的な振り返りや、話し合いグループ全体の分析が可能になります。
(*) 特許取得済み

話し合いの振り返りをサポートする技術は、客観性・網羅性・効率性の3つの条件を満たす必要があります。これらを満たさなければ、分析が状況に依存したり、一部の話し合いしか振り返れなかったり、振り返りに多大な時間がかかるため、日常の授業では使えません。

話し合いを自動的に定量化し、見える化する Hylable Discussion を使えば、これらの条件を満たした振り返りを行えます。定量データというエビデンスを提供することで客観的な評価ができ、マイクロホンアレイを各グループに設置することで網羅的な評価ができ、ひと目でわかる可視化データから効率的な評価ができるからです。

 客観性

個人の能力や経験に依存しないエビデンスに基づいた分析

 網羅性

すべての参加者の同時分析
         

 効率性

PCやタブレットがあれば使える、一目でわかる分析

  話し合いの定量化って?

各参加者が議論中に話した長さ・順番・タイミングの量やその変化を取り出すことを議論の「定量化」と呼んでいます。

Hylable Discussion は定量化されたデータは、「わかりやすいグラフ」や、「分析結果を文章で説明するレポート」によって見える化されます。これらの機能は、話し合いの録音後にHylable Discussion のページにアクセスするだけで簡単に利用できます。

客観的なデータを用いることで、これまで主観にしか頼れなかった議論の振り返りや参加者の評価を「エビデンスに基づいて」行えるようになります。

エビデンスに基づいて振り返りができる!

話し合いを定量的に分析するので、過去の同じ授業や、他の授業と比較できます。
客観的になデータを活表することで、エビデンスに基づいた改善が可能になります。

イラスト

エビデンスに基づいて振り返りができる!

話し合いを定量的に分析するので、過去の同じ授業や、他の授業と比較できます。
客観的になデータを活表することで、エビデンスに基づいた改善が可能になります。

クリックひとつで分析開始!

ボタンをクリックすると、録音やアップロードは全自動で行われます。
複数グループの操作も一斉に行えるので、規模が大きくなっても手間は増えません。

イラスト

クリックひとつで分析開始!

ボタンをクリックすると、録音やアップロードは全自動で行われます。
複数グループの操作も一斉に行えるので、規模が大きくなっても手間は増えません。

話し合いの見える化は全自動!

グラフやレポートは全自動で生成されるので、すぐに結果がわかります。何日も待つ必要はありません。

イラスト

話し合いの見える化は全自動!

グラフやレポートは全自動で生成されるので、すぐに結果がわかります。何日も待つ必要はありません。

どんな場所で使われているの?

近年、教育現場で広がっているアクティブ・ラーニングの授業分析や振り返りや、企業研修などに導入いただいております。
詳しい導入実績はこちらから