アクティブ・ラーニングを見える化する

Hylableの議論評価サービス

 会社情報

社会が複雑化するなかで、重視される能力が、従来の知識の量から、考え方の違う人々との話し合いによって問題を解決する能力に変わってきています。
学校教育においては、児童・生徒・学生同士の話し合いを授業に取り入れることで、より主体的・対話的に深く学ぶ機会が増えてきています。社会人向けの研修や、企業における会議などでは、生産性の高い議論をすることの重要性がより増しています。

ハイラブル株式会社は、音環境分析技術によって、このような話し合いを定量的に見える化するサービスを提供しております。本サービスによって客観的なエビデンスに基づく話し合いの評価や振り返りが可能になります。