e-Learning Awards 2020

第17回(2020年度)
日本 e-Learning 大賞 厚生労働大臣賞 受賞 !(Hylable)

詳しくはこちら

⾳環境分析でコミュニケーションを豊かにする

対⾯Web会議も、

話し合いの⾒える化で
効果的な振り返りを実現

kaeru-teamanalysis

会議分析事業
議論の定点観測で生産性を改善

企業活動には会議が欠かせません。

意思決定や仕事を円滑に進める上で会議は重要なものの、調査によると1万人規模の企業では時間にして67万時間、費用にして約15億円もの無駄な会議があると推計されています (*)。

私たちは、一律に会議を減らすのではなく、会議を計測することで科学的に非効率な会議を減らし、効率的な会議はむしろ増やすことで、より生産的な働き方ができると考えています。

Hylable Discussion (ハイラブルディスカッション)は、会議を定量化するサービスです。 チームごと、個人ごとの行動を蓄積することで、そのチームの会議における傾向を見える化することができます。 このデータと既存の各種社内のデータを組み合わせることで、チームの構成やプロジェクトの進め方を生産的にすることができます。

(*) パーソル総合研究所・中原淳(2017-8)「長時間労働に関する実態調査(第一回・第二回共通)」

貴重な議論の機会をアーカイブ

近年、議論イベントや市民対話・ワールドカフェなど、人々が集まって議論する機会が増加しています。 しかし、議論における声はその場で消えてしまうため、自らが参加しなかったグループでどのような議論が行われていたかを知ることは困難でした。

こういった機会を Hylable Discussion でアーカイブすることで、イベントの成果の計測や改善点の把握が可能になります。

Hylable Discussionの活用場面

無駄な会議を発見する

無駄な会議を発見する

会議の生産性を比較する

会議の生産性を比較する

隠れたファシリテーターを発見する

隠れたファシリテーターを発見する

議論が活発になるメンバー構成を見つける

議論が活発になる
メンバー構成を見つける

議論イベントを記録する

議論イベントを記録する

市民対話をアーカイブし生の声を保存する

市民対話をアーカイブし
生の声を保存する

Coming
soon!
Microsoft Teams 連携

Microsoft Teams 連携

Coming
soon!
Zoom の録音データを分析する

Zoom の録音データを分析する

事業紹介

教育事業

教育事業の紹介はこちら

詳しく見る

研修事業

研修事業の紹介はこちら

詳しく見る

研究開発事業

研究開発事業の紹介はこちら

詳しく見る

おたまじゃくし研究所

おたまじゃくし研究所の紹介はこちら

詳しく見る