話し合いを見える化する

クラウドサービス

Hylable Discussion

事業紹介

ハイラブル株式会社は 音環境分析でコミュニケーションを豊かにする というミッションの下、話し合いを見える化するクラウドサービス Hylable Discussion を中心に、コミュニケーションに関する様々な事業に取り組んでいます。 私たちの強みは、音の研究で多数の論文を発表し特許を取得してきた研究力のあるメンバーと、商用サービスを開発した経験のあるメンバーがどちらも揃っていることです。 コア技術である音環境分析技術(*)・議論分析技術(*)を始め、 機械学習や信号処理に関する高い専門知識とフットワークの軽さで、 お客様の問題を速やかに分析し、解決方法をご提案いたします。
(*) 特許取得済み

Hylable Discussion を始めとした私たちの製品・サービスは、教育現場におけるアクティブ・ラーニング型授業の振り返りや、 企業における研修など多数の現場でこれまでご利用いただいております。 以下のページでは、事業領域ごとの取り組みをご紹介しています。