複数のWeb会議を見える化できると、何がいいの?



そのWeb会議、いますぐ見える化しませんか?
Web会議見える化サービス Hylable(ハイラブル)は、複数の会議を一覧で見える化!



Hylable は、画期的なクラウド型Web会議システムです。近年利用者が急増しているWeb会議を「リアルタイム」で「複数同時」に分析し、見える化します(特許出願中)。

当社がこれまで提供してきた対面の話し合い見える化サービス Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)の技術を活用して開発しました。

ネット環境とPCなどの端末があれば、ブラウザだけで簡単に利用できることも Hylable の特長です。

第17回(2020年度)日本e-Learning大賞「厚生労働大臣賞」を受賞!!



Hylable で複数のWeb会議が一覧できると何がいいの?


Hylable は、複数のルームで同時進行するWeb会議の様子を、リアルタイムに更新されるグラフで一覧できます。この一覧は、ルーム入室前の画面(ロビー)で可能です。

グラフで話し合いの経過が見える!




ルーム内の各参加者の発話量を積み上げた「発話量の時間変化」グラフが一覧できます。

このグラフには、「誰が、いつ、どのくらい話しているか」といった話し合いの経過が表されます。さらに、発話量の変化に応じて、グラフはリアルタイムで更新されます。


適切なタイミングで介入できる!




Zoom でブレイクアウトセッションを行った時、各ルームの進行状況が分からず、気を揉んだことはありませんか?

しかし、Hylable を使えばすべてのルームの状態を一覧できるので、会議の管理者や先生、ファシリテーターが、個別の会議へ適切なタイミングで介入することが可能になります。


この記事を書いたメンバー

中村(ゆ)

ハイラブルライブラリー(ブログ)執筆者、ハイラブルレター(メールマガジン)執筆・運営担当者。営業も行っています!

見える化を体験しよう

トライアル申し込みはこちら

Web会議版  >
対面版  >

ハイラブルについて

「音環境分析でコミュニケーションを豊かに」学校や会議室での話し合いを見える化する企業です。

メルマガ購読のご案内

ハイラブルの最新情報や、製品のアップデートを随時お届けします。

購読はこちらから >