ハイラブルが特許を取得しました

ハイラブルの会話の定量化・可視化技術に関する特許が登録されました。本特許は、会話の可視化データを動的に表示する技術に関するものです。今後も、音環境分析であらゆる会話を見える化してコミュニケーションを豊かにするべく、研究開発を続けてまいります。

本特許は、独立行政法人情報処理推進機構 先進的IoTプロジェクト支援事業の支援を受けて出願しました。

特許
特許番号 特許第6646134号
登録日2020年1月14日
発明の名称音声分析装置、音声分析方法、音声分析プログラム及び音声分析システム
権利者ハイラブル株式会社
発明者水本武志、菅原哲也