経済産業省・浅野様もご登壇のオンラインセミナー「【学校関係者様向け】話し合いの見える化で自立した学習者に!―EdTech導入補助金を活用した導入事例のご紹介―」を開催しました



2021年3月29日、EdTech導入補助金* を活用してハイラブルの話し合い見える化サービスを導入いただいた工学院大学附属中学校・高等学校(東京都・八王子市)の成果報告セミナーを開催しました。
(*) 経済産業省の交付により、学校は無料でICTを導入できる補助金事業。2021年度は制度が変更される可能性があります。

・成果報告書はこちら
・成果報告動画はこちら


冒頭では、経済産業省商務・サービスグループ サービス政策課長(兼)教育産業室長 浅野大介様にご挨拶いただきました。


同校では、同時に8グループがディスカッションできる規模でサービスを導入いただきました。おもに高等学校の英語のグループディスカッションにて、のべディスカッション数456回、のべ参加生徒数1837人の実績が作られました。


成果としては、次の3つが挙げられます。
1. 振り返りで生徒が自立して学ぶように
2. 先生が少ない労力でグループディスカッションを評価することが可能に
3. オンライン授業でも振り返りや指導が簡単に


同様のセミナーは今後も開催する予定です。2021年度のEdTech導入補助金についても、情報が入り次第お知らせいたします。