ニュース
【新サービス】会議音声の見える化サービスをリリースしました

お手持ちの録音・録画データを見える化できる「会議音声の見える化サービス Hylable Adapter(ハイラブル アダプター)」をリリースしました。
これまでハイラブルは、専用のレコーダーや自社開発のWeb会議システムで録音した会議を見える化していました。
しかし本サービスによって、Zoom・TeamsのようなWeb会議の録画データや、ICレコーダーの録音データなどを見える化できるようになりました。
開発の背景などの詳細はプレスリリースをご覧ください。

プレスリリースへのリンク
こちら

◆会議音声の見える化サービス Hylable Adapter(ハイラブルアダプター)とは?
対面/Web会議の録音・録画データを当社のサーバにアップロードすることで自動分析し、各参加者の発話量やその変化などを客観的なエビデンスで見える化するサービスです。
見える化することで参加者自身の行動と会議のメタ認知を促し、会議を活性化させます。
普段使用しているWeb会議やICレコーダーの録音・録画データから分析できるので、導入時の学習コストをかけずに、スムーズに利用を開始できます。



◆Hylable Adapter で見える化できるデータ
これらのデータはブラウザから閲覧できるダッシュボードに蓄積されます。PDFレポートの出力や、生成AIを使った会話を通して、過去の行動の振り返りや組織のコミュニケーションの分析も可能です。



発言者が限られる会議や、活発でない会議をしていませんか?
Hylable Adapter を使って会議を見える化することで、エビデンスに基づいて会議を改善できます。
下記からお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・資料請求
こちら



 ニュース一覧へ