ニュース
活用例「学習内容と分析結果を結び付け、児童の自己・他者理解を促進」を公開しました

村上市立村上小学校様の活用例「学習内容と分析結果を結び付け、児童の自己・他者理解を促進」を公開しました。
本事例はEdTech 導入補助金2022の効果報告レポートを基に作成しています。

村上市立村上小学校では、児童が対話しながら課題解決できるような状況を調整する先生の力を高めたいと考えていました。
そこで、 対面の話し合い見える化サービス Hylable Discussionを用いて、小学6年生の社会の授業での話し合いを見える化しました。


記事へのリンク
こちら



 ニュース一覧へ