e-Learning Awards 2020

第17回(2020年度)
日本 e-Learning 大賞 厚生労働大臣賞 受賞 !(Hylable)

詳しくはこちら

⾳環境分析でコミュニケーションを豊かにする

対⾯Web会議も、

話し合いの⾒える化で
効果的な振り返りを実現

kaeru-system-linkage

システム連携機能

ハイラブルの提供するサービスは他の様々なシステムと連携することで、さらに効果を発揮します。
連携機能を充実させて、より少ない負担で使えて、深い分析もできる機能の提供を進めています。

LTI 1.3

LTI1.3 は、学習管理システム (LMS, Learning Management System) と、Hylable Discussion のような EdTech ツールを連携するための国際標準です (*)。LTI 1.3 に対応した LMS をお使いの場合は、以下の連携が可能になります。

  • ・LMS からシングルサインオン
  • ・LMS のユーザ情報を Hylable Discussion にインポート
  • ・LMS への Hylable Discussion や Hylable のリンクの埋め込み
(*) Learning Tools Interoperability version 1.3 (詳細はこちら)

xAPI

xAPI は、様々なシステムで記録された学習履歴を、一つの保存場所 (LRS, Learning Record Store) に保存するための規格です。Hylable Discussion で収録した話し合いのデータを、 xAPI を通して LRS に保存することが可能です。

たとえば課題の提出状況などのデータと組み合わせることで、行動データと組み合わせた学習分析と、データに基づく授業改善や学習者へのサポートが可能になります。

(*) Experience API (詳細はこちら)